肩の力が抜けている人とそうでない人とでなぜ出る結果が逆になってしまうのか?こんばんは、復縁アドバイザーの福島です。

私には長年ご相談を拝見してきて、ずっと不思議に
思うことがありました。

それは復縁活動にて、動くのを止めようとすると
逆に動きが見られるカラクリです。

もう良いかな~と他を見ようとしたら、ひょっこり来た連絡。

忙しくて忘れていたら、相手からの連絡が増えた。

多くの方が、そんなウソみたいな話があるはずない!と
疑われたことでしょう。

一方で、「あるある!」とうなづいた方も少なくないと思います。

復縁は自分主体で動くのが普通です。

自分ばかり連絡して気が引ける、積極的に相手からの
連絡が欲しい、という意見をよく目にするのですが、

復縁活動を相手任せにするのは違う、
相手が連絡したくなるような存在になるのが先、
とお伝えします。

連絡は、したい方がすれば良い。

これは相手が友達でも同じです。

何より連絡ができる環境は、それだけでも復縁の
可能性がグッと高くなります。

と、話を戻し、肩の力が抜けている人とそうでない人とで
なぜ出る結果が逆になってしまうのでしょうか。
結論としては、押し引きのバランスではないかと思いました。

返事は、来るときは来ますし、来ないときは来ません。

※来ない場合も理由はありますが今回は割愛します。

自分に熱中していると、充実感から悩む時間が短くなります。

かたや常に携帯を握りしめ、
次に連絡する日を指おり数える日々ならば。

どう考えても後者の方がカツカツで、苦しいですよね。

気持ちの上ではグイグイ押しまくっている状況です。

苦しい時間は同じ1分でも永遠のように感じます。

すると前者は、ただ楽しく過ごしていたらポロッと良いことがあった。

後者は、ひたすら見えない出口を探すような感覚になると
思います。

まさに執着心の有無と、それによる相手の反応の違いと
思いました。

基本的に振った側には、あなたは自分に未練があると
思い込みがちです。

だからこうして連絡がくるのだろう、と。

逆にいうと、連絡がないのはもう好きじゃないから?と
寂しくなり、ちょっかいをかけるのだと思います。

それくらい対等な立ち位置が理想的です。

つき物が取れたようにサッパリしたあなたに意表をつかれ、
相手はドキドキするのだと思います。

それが恋のスタートです。

しんどい時こそ離れてみましょう。

返事がないならもっと間隔をあけると良いと思います。

マンネリしてきた、反応が悪い等なら、アプローチを
セーブしましょう。

あーでもない、こーでもない、とグルグル悩まず
自分磨きに集中し、相手の出方を見てみましょう。

 

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ