160620_3
復縁のために彼(彼女)に連絡したいと思ったとき。

相手に全く関係のない話や、自分の話ばかりを送ってみたところで、なかなかいい反応がもらえないと思います。

やはり、相手にとって反応しやすい話題が良いでしょう。

例えば、共通の趣味の話だったり、共通の友人の話だったり。

ただ、ご相談を拝見していると、「共通の話題がありません」というものを時々目にします。

住んでいる場所も違うし、仕事の内容も違う。

趣味も違うし、そもそも今何に興味があるのかわからない。
 

このご相談をいただくと、一番に思うのは

「ではなぜ、付き合ったのかな?」

という点です。
 

全く共通項がなければ、そもそも出会うことがありませんし、お付き合いに発展しないと思うのです。

たまたま行ったお店で出会って意気投合して付き合った、という流れだったとしても、たまたま行ったお店の趣味が同じだったということで、共通項ですよね。

そして、お付き合いに発展するときにも、価値観が似ているというケースも多いでしょう。

共通項が多いほうが人は親近感を持つと思うのです。

仮に価値観が違ったとしても、相手の価値観に対して「それ、いいね」と思ったからこそお付き合いをしたと思うのです。

ということは、良いなと思う価値観は同じ、ということです。

これまで生きてきた価値観とは違っていても、良いなと思うということは、それもありということです。

それもありという価値観が同じ、という共通項があるということです。
 

と書いていると、あなたもあることに気づいたかもしれません。

実は、「共通項がない」と思っている場合は、ほとんどが「共通項に気づいていない」というケースが多いのです。
 

先日もあるご相談をいただきました。

職種も違うし、仕事内容も違う。

仕事の話は共通の話題にならない。

でも相手は仕事が忙しく、仕事以外の話題も見当たらない。

そこで、本当に共通の話題はないのでしょうか?というご返信をさせていただきました。

例えば仕事の内容は違ったとしても、人間関係のゴタゴタがあるとか、仕事に対する意欲的な話とか、一般的な「仕事」「職場」というものに対する内容であれば共通の話題になると思うのです。

上司とうまくいくために何かしているか?という話も共通の話題になると思います。

相手が社長であれば、それより上司というのはいないかもしれませんが、それは稀なことだと思います。

本当は共通の話題はいくらでもあるけれど、気づいていない。
 

これはお付き合いのときにもあったのではないかと思うのです。

相手が仕事の話をしているときに「自分とは違うから」というスタンスでしか聞いてあげられなかったのでは?と考えられます。

自分とは違うと思うのではなく、自分ともかぶる箇所を見つけていくことが大切だと思うのです。

全くわからないこと、知らないことであれば、興味を持って聞いてあげれば良かったと思うのです。

そうすれば知識の共有ができます。

あのときに聞いた話、という話題で共通項として使うことができます。
 

大切なことは、共通項を見つけようとすること。

自分と同じところ、自分と似ているところ、それを探してコンタクトを取ることが大切だと思います。

相手も共通の話であれば、親近感を持ってくれるでしょう。
 

あなたがもし、共通の話題がないと思っていらっしゃるのなら。

少し振り返ってみてください。

本当に共通の話題はありませんか?

世の中のニュースだって、天気だって、共通の話題になります。

共通の話題は探せばきっと、色々とあるはずなのです。
 

問題なのは、思い当たる共通の話題を送り尽くしてしまった、というケースだと思います。

ですが、同じ話題がNGということはありません。

天気の話題を一度したからと言って、もうできないということはありません。

毎日お天気は変わりますので、何度しても良いと思います。

ぜひ勇気を出して、共通項を見つけて連絡してみましょう。

応援しています。
 

共通の話題はあるのですが、いまいち反応が良くないのですが・・・。

などなど、復縁にまつわる疑問がある方におすすめです。

復縁の「なぜ」「どうすれば?」に答えるマニュアルです。
専用ページはこちらから。

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ