こんばんは、復縁アドバイザーの福島です。

いよいよ9月、暑さはまだ残っていますが秋です。

例年この時期になると、もの寂しく落ち込みがちな
お話を聞くようになります。

その寂しさは相手も同じでしょうから、私はむしろ
復縁シーズン到来!とワクワクするのですが
その思いをご相談者のKさんが分かりやすく代弁して下さり
感動したのでご紹介させて頂きます。

 

—————————————————————————————————————–

私は彼と別れて極寒の冬から、
今哀愁漂う秋にきました。

これからは活発な夏になり、彼と春を迎えたいなと思います。

—————————————————————————————————————–

振られた後しばらくは、心の中には冷たい風や雪が
吹きすさんでいたことでしょう。

大好きな彼(彼女)と別れてしまった悲しみは
「冬」の嵐のようだったと思います。

そこから何とか立ち上がりコツコツ復縁に関するリサーチ。

仕切りなおしの時間を置き、寂しさが残る「秋」を
やり過ごしました。

ただ実際秋は人肌恋しくなる、復縁シーズン。
気分的には「夏」です。

今後はクリスマスという最大のイベントがあります。

クリスマスだけがゴールとは言えませんが、
ひとつの目標として目指していきましょう。

そうしてエンジョイしゴールした後、名実共に「春」という
穏やかで暖かい季節にたどり着きます。

季節は春夏秋冬の順で巡りますが、
気持ちは逆にさかのぼるイメージです。

そう考えると秋が辛い、寂しい、苦しい、と嘆くだけでは
もったいないと思います。

ちなみに「それなら新しい恋人との仲も深まるのでは?」と
すぐに疑問を抱くようなら注意です。

しょっぱなから「でも」「だって」が出てくるのは
ネガティブ思考がクセになっている証拠だからです。

例えば新恋人の有無や、近距離・遠距離の問題。

相手に恋人がいないなら良い反応があるかといえば
そんなこともなく、近距離にいても無視される時は
されます。

むしろ遠距離だから連絡しないで、と言われることは
滅多にないでしょう。

あなたへ不信感があるとか、警戒しているから返事をしない
のだと思います。

ならば手順は、大まかには同じです。

一番目に警戒心を解す。(未練を見せない)

二番目に不信感をなくす。(別れに至った原因を解消)

三番目にようやくリスタートです。

あなたはこの夏、どんな「秋」を過ごしたでしょうか。

気付けば無我夢中で終わっていた、というならOKです。

心身ともに充電完了、準備が整っていると思います。

これからは「夏」に向けどんどん動いていって下さいね!

 

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ