復縁を考えるほど大好きな彼(彼女)でも、時にイラッとすることはあると思います。こんばんは、復縁アドバイザーの福島です。

復縁を考えるほど大好きな彼(彼女)でも、時に
イラッとすることはあると思います。

例えば理不尽なもの言いをされた時。

他にもツンケンされたり、無視されたり。

最近では貸したものがたまたま不具合になり、
相手から文句を言われたケースもありました。

人から借りておいて文句を言うのはおかしい話です。

ただそのような関係性にしてしまったのが問題だろうと
思いました。

そんな時、これ以上怒らせてはいけないとの焦りから、
つい下手に出てしまいがちです。

しかし相手に気持ちは通じず、徐々に苛立ちに
変わっていくのでしょう。

まず、何か問題はあったと思います。

問題がなければ相手はあなたに怒りの矛先は向けないと
思うからです。

ですから問題が分かった時点でサクッと対応策に
取りかかりましょう。

相手がすでに聞く耳持たずならスッと離れるか、
第三者に間に入ってもらい本音を聞き出すなど。

あなたが無意識のうちに何か地雷を踏んでいた可能性もあります。

あなたの伝え方が勘に触っていたのかもしれません。

それと相手に反論したくなることもあると思います。

ただ男女間では基本的に違う思考回路が存在します。

男性に見られるのは

「これはこうで、これが問題。早速改善されたし。」

と理論で相手を説得しようとすること。

女性には

「それだけじゃない。その前にこうしたからこうなった。
こうしていなければそうならなかった。要・改善はそちら。」

と、他の経緯を踏まえて考える傾向があると思います。

先のように、男性は目の前の対処を一番に考えるため、
女性からすると「やっぱり根本が分かってない」となります。

女性は問題を延長線上で考えていて、男性からすると
「今回の問題と論点が違うのでは?」となることもあります。

特に感情的になっている時はその違いが目立ちます。

どちらが良い悪いではなく、この時点で平行線が
始まっているのです。

そうしてやはり分かり合えない、近づけない、という結論に達します。

こうなるとますます復縁から遠ざかってしまうので、
仕切りなおしましょう。

お互いに意地を張るのはもちろんのこと、
反応を怖がりビクビクしないようにしましょう。

顔色を見れば見るほど相手を苛立たせ、
悪循環にハマってしまいます。

あまりにもすり寄ると、都合よく扱ってもOKだろうと
相手によこしまな考えが出てきてしまいます。

しかしあなたはそんな関係を望んでいません。

あなたはただ、以前のように楽しく誠実なお付き合いを
したいだけだと思います。

そもそも相手とは対等です。

ぜひ冷静に対応していきましょう。

 

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ