1700703_1
あなたが彼(彼女)と別れを迎えてしまったとき。

その前に何となく、そんな流れになるのかな、と予見できていましたか?

それとも、そんなに深刻なことになるとは思っておらず、
少しびっくりしましたか?
 

ご相談を拝見していると、後者の方が多いようです。

何かおかしいな、とは思いつつも、聞いてみてもきちんと答えて
くれないし、こんなことになると思わなかった。

そんなお声をよく拝見します。
 

また、交際中に自分は話し合って解決していくべきと思っていたのに
相手はそうではなかった。

衝突することは極力避けたいと思っていた。
 

これらは価値観が合わないのでしょうか。

それとも、相手は本心を言いたがらないタイプだったのでしょうか。

それとも、あなたが鈍感だったのでしょうか。
 

実は、答えはどれもNOであることが多いです。

相手の不満が見えない理由。

それは、あなたが鈍感だからでも、相手が不満を溜めないタイプでも
話をしないタイプでもありません。
 

理由は、あなたの対応から相手が学習して話さなくなった
可能性が高いです。

「どういうこと?」

と思われるかもしれません。
 

もし、相手の不満が見えないな~と感じている方。

少しご自身の対応を振り返ってみてください。

おそらく最初の頃は、相手も言いたいことを言ってくれていたと
思うのです。

例えば、「もう少しこうした方が良いよ」とか「こうしたいな」など
意見を言ってくれていたと思います。

それは相手も良い交際にしたいと思い、分かってくれるかなと思い
意見をしていたはずなのです。
 

それが徐々に言わなくなります。

なぜかというと、意見したときのあなたの反応を見ているからです。

例えば、

「もう少し前向きに考えたほうが良いよ」とアドバイスを
くれたとき。

「そうだよね、ありがとう。そうしてみる。」と答えていたら。

相手は自分のアドバイスが参考になるんだな、と嬉しくなります。

次からも何か力になれたらと思い、アドバイスをしてくれます。
 

ですが、

「もう少し前向きに考えたほうが良いよ」と言われたとき。

「わかってるよ、そうできればしてるよ」と答えたら?

「そうだよね。私(俺)ってネガティブなんだよね。
 嫌なヤツだよね」と答えていたら?

前者の逆ギレパターンの場合は、言っても聞き入れられないと思い
言うのが面倒になっていきます。

後者の余計にネガティブになるパターンの場合。
言わないほうが良いのかなと思い、言わなくなります。
 

相手の意見に対して反発する、もしくは必要以上に過剰反応する、
という状況になってくると、相手は徐々に意見を言わなくなります。

そうして、心に溜めていきます。

言ってもムダだしな、とか、言うと余計に面倒くさいことになるしな
と思い始めます。

ですが言ってくれないと改善できませんし、あなたも気づきません。

徐々に溝が深まっていきます。
 

そうしてある日突然、不満が炸裂してしまいます。
 

別れ際になって初めて、「そんなこと思ってたなら言ってくれたら
良かったのに」と思った方。

この流れの可能性が高いと思います。

相手は言わなかったのでもなく、言えなかったのでもなく、
あなたの対応が言わせなかった。

そんな可能性があるのです。
 

これに気づかないまま、相手には不満がないと思っていたら。

それはとても怖いことです。

どうせなら言いたいことを言ってくれたほうが、改善できますし
相手の気持ちも見えるので動きやすいですよね。

「でも、言いたいこと言われると傷つきます」という方がいたら。

もう少し頑張りましょう。
 

相手がもっとこうしてほしいと思っていて、それを口にして
傷つく、となってくると、もう改善すらできませんし
関係がよくなることも難しいと思うのです。

このような方は、意見をされると、自分が否定されたような
気持ちになってしまうことが多いようです。

ただ、あなたを否定したのではなく、あなたのたった一部分だけを
「もっとこうしたら良くなるよ」と言っているだけなのです。

そのことを理解して、受け入れてみましょう。

もし傷つくからと言って、あなたの一部分すら改善できない
となると、あなた全体の印象がどんどん悪くなります。

相手の愛情もどんどん薄れてしまいます。

こんな勿体無いことはありません。
 

たった一部を改めるだけで、もっと愛されるのなら。

そのほうが良いと思いませんか?
 

ですから、傷つくのではなく、相手は関係を良くしようとして
くれている、長続きのために言ってくれている、と前向きに捉えて
改善してくと良いのかなと思います。
 

話をもとに戻しますと・・・

不満を言わない相手というのは、本当に不満がないのか、
それとも言えないだけなのか、言うことを諦めているのか。

よく見極めたほうが良いです。

そして、本当は不満があったのに言わなかった、ということは
今回お伝えしたようにあなたの受け方にも問題があった可能性が
あるということ。

復縁の道中ではこの点を改善したほうが良いです。

もし相手が「あまり連絡とらないほうが良いと思う」といったとき。

「そうだよね。気づかなかった、ありがとう!」と返せるか。

それとも

「そうだよね。もう別れたし、これまで通りにすると迷惑だよね」
と返してしまうか。

後者だと、相手はとても面倒に思います。

「そこまで言ってないじゃん。面倒くさいな」と感じます。

返し方一つで印象は変わります。

ぜひ、相手から気持ちを素直に話してもらえるような関係づくりを
していけたらと思います。

頑張っていきましょう!
 

逆に相手が言いたい放題、何だか適当に扱われている気がする、
というケースもありますよね。

この場合は、今回の対応が逆効果になることもあります。

パターンに応じた対応が大切ということ。

なぜそうするのか、そうするとどうなるのか、ということを
きちんと解説した復縁ノウハウです。

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ