どちらが悪いというのでなく、自分と相手の求めるスタンスは 違うのを忘れないようにしましょう。あなたは恋人に何を求めますか?

朝起きた時と夜寝る前の最低2回はメールが欲しい。

返事は即レスで。

週に1度はデートしたい。

二人の記念日を大事にして欲しい。

などなど、どこのカップルでもしていそうなことを望むのは
ワガママではないと思います。

ただあなたと相手の尺度が違った場合、相手にとっては負担になることもあるでしょう。

例えば先の希望を満たしてもらえず揉めた方もいるのではないでしょうか。

仕事ばかりでマメに連絡してもらえず責めたら振られた。

会ってもらえず不満を言ったら振られた。

記念日に友達と予定を入れられ怒ったら振られた。

今となってはなんてワガママだったのだろうと後悔していることでしょう。

ですが先ほど申し上げたように、ワガママとは少し違うと思っております。

というのも、あなたにはあなたの意思があり、相手には相手の意思があります。

あなただけが我慢しなければならない交際が果たして幸せなのかは疑問です。

ただここであなたに知っておいて頂きたいのが、恋愛観は人それぞれである、ということ。

どちらが悪いというのでなく、自分と相手の求めるスタンスは違うのを忘れないようにしましょう。

ではその恋愛観の違いを復縁活動に当てはめるとどうなるでしょうか。

メールして3日後に返事が来たとしたら、自分の優先順位が低いのかなとガッカリするかもしれません。

5回に1回しか返事がもらえなかったら、自分のことなどどうでも良いのだろうと思えるかもしれません。

連絡に返事すらないなら復縁は絶望的と思えるかもしれません。

ですが、相手はじらしても駆け引きしてもおらず、単にその時の気分でそうしているのだと思います。

その中にはウッカリ返事し忘れているケースもあれば、
意識して返事しないぞ、となっているケースもあるでしょう。

あなたにもテンションが高い日と低い日があると思います。

毎日同じモチベーションでいられる人の方が稀かもしれません。

それは相手も同じで、疲れていれば反応は薄いでしょうし、
ご機嫌の日はポロッと返事してくれると思います。

それが今の相手のペースなら、それはそれで良いと思います。

あなたはあなたの生活を一番に考え、一定距離を置きながら連絡してみましょう。

自分の恋愛観から「こうあるべき」「こうでなければならない」
という枠を外してみて下さい。

きっと、復縁は辛い恋、とは思わなくなると思います。

ドロドロ、モヤモヤしていても始まりません。

真っ青に広がる秋晴れの空のように、さわやかな気持ちで日々を過ごせればと思います。

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ