advice0918_02

ご相談を拝見していると、別れの原因としてマンネリ化してしまったという理由を挙げられる方も多いです。

一概にマンネリと言っても、ただトキメキがなくなっただけというケースもあるでしょう。

また、慣れてしまったことにより、気を使えなくなり喧嘩が増えたとか、頑張らなくなってしまって魅力が下がってしまったというケースもあるでしょう。

ですが、中には長くお付き合いの続くカップルもいます。

なぜ、マンネリしてしまうカップルと、マンネリしないカップルがいるのでしょうか。

あくまでも見解ですが、おそらくマンネリ化しないカップルというのは存在しないと思います。

どんなカップルでも、最初の恋のトキメキというのは徐々に薄れていくと思うのです。

人間には学習能力がありますので、同じことを繰り返していくと慣れますし、緊張もしなくなると思うのです。

初めて通る道がドキドキしたのに、何度も通っていると他のことを考えていても家に帰られる、というのも慣れるからですよね。

恋愛も、最初のドキドキというのは徐々に収まっていくのが自然だと思います。
 

ここでマンネリ化してしまうカップルというのは、最初のドキドキを追い求めてしまうケースだと思うのです。

例えば最初はマメに連絡をくれていた彼が、徐々に連絡をくれなくなった。

これを、慣れてきたから彼が自分のペースに戻った、と考えるのか。

愛情が薄れてきたから連絡が減った、と考えるのか。

最初のドキドキを既定値として決めてしまうと、おそらく後者のように考えてしまい、不満が溜まっていくと思うのです。

ですが、前者のように考えると、むしろ自分と付き合い始めたときが無理をしていたのだと気づきます。

無理をさせ続けると疲弊するだけですので、自分らしくやってくれてOKとなります。

マンネリとは考えず、彼が自分を出せるような安心できる関係になったんだな、と嬉しく思います。
 

他にも、最初はおしゃれに気を使っていた彼女が、徐々に手抜きをし始める。

最初の頑張っていた彼女を規定値にしてしまうと、なんか最近キレイじゃなくなってきたな・・・と他の女性に目を奪われるかもしれません。

ですが、最初が無理をしていただけで、徐々に自然体でいてくれるようになった。自分にもありのままの彼女を見せてくれるようになった、と考えると嬉しいことですよね。

これをマンネリとは思わず、距離が近くなったと嬉しく思う方もいらっしゃるでしょう。
 

このように、同じ現象を見たときに、マンネリだ、ドキドキがなくなった、と悲観的に考えてしまう方と、距離が縮まった、自分らしくいてくれるようになった、と楽観的に考える方と。

考え方一つで見える景色が変わると思うのです。

そうすると、同じようにお付き合いをしていても、不満から喧嘩が増えるカップルと、より距離が縮まって付き合いやすくなるカップルと、結果が違っていきます。
 

もし、自分がマンネリを感じていたと思う場合は、少し振り返ってみてください。

恋の始めのドキドキばかりを追い求めていませんでしたか?
 

逆に、自分はそうではなかったけど、相手はそうだったかもしれないと思う方は。

あなたの対応の仕方にも問題があるかもしれません。

最初は何をしても二人でする初めてのことです。どこへ行っても二人で行く初めての場所です。
そうすると、あなたのテンションも違っていたと思うのです。

ですが慣れてくると、当たり前のようになり、楽しんでいるけれどテンションが全然違うということはあったと思います。

全く同じ状態を続けることは不可能です。

ただ、新しい楽しみを見つけたり、新しい視点で話せたり、対応を変えることで相手も楽しんでくれると思います。

また、距離を詰めすぎるというのも良くない場合もあります。

ほどほどに相手に見えない部分を残しておくことで、少しだけ緊張感をもってお付き合いを続けることができると思います。
 

マンネリ化というのはカップルには避けられない問題かもしれません。

ですが、それをマンネリにしてしまうのか、より深い関係に進む道中だと考えるのかで、見え方も結果も変わってしまうということ。
 

そして、いつも短い期間で相手に飽きられるというケースの場合は、自分自身の中身を充実させることも大切だと思います。

薄い本はすぐ読み終わりますが、厚い本なら時間がかかりますよね。

人間性も似ていると思うのです。

薄い自分だと、相手も「こういう人か」というのが短期間である程度分かってしまいます。

ですが、奥深い自分であれば、相手が「こんな面もあったのか」と意外な気持ちで見てくれます。

もしかしたら、自分が彼(彼女)中心になってしまって、恋人以外のことに興味がなくなり、自分という中身を充実させられていなかったのかもしれません。
 

ぜひ、お付き合いを重ねていく中で、マンネリではなく絆が深まっていくという方向で進められたらと思います。

そのためには、復縁の最中から飽きられている場合ではありません。

よく、連絡を取り始めた最初はポンポンとやり取りが続くのに、徐々に連絡が取れなくなっていくというケースを目にします。

これも似ています。

最初は元恋人というのが物珍しくてやり取りをしていたと思うのです、徐々に慣れてくると頻度が落ちていきます。

そのときに悲観的になるのではなく、次の興味を引く何かを用意して、相手の気持ちを惹きつけておくということは大切です。

そのためには、あなた自身の対応がいつも同じだと相手も面白くありませんよね。

あなたご自身が色々なことに興味を持って楽しそうに過ごしていることが大切だと思います。

また、どんな対応をすれば飽きがこないのか、ということを考えつつやり取りをすることもとても大切だと思います。

意外と飽きやマンネリというのは、自分の中の気持ち次第という場合も多いので、頑張ってみてくださいね。

応援しています。
 

マンネリ化を止めるためには、どんな工夫をすれば良いですか?

そんな疑問にお答えします。

ここでは伝えきれない復縁までの方法をまとめています。

あなたの復縁の根拠になるものがここにあります。

復縁の「なぜ」「どうすれば?」に答えるマニュアルです。
専用ページはこちらから。

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ