advice0702_02
あなたは、彼(彼女)に対して、言いたいことを言えていましたか?

ご相談を拝見していると、お付き合いをしているときに、言いたいことを我慢してしまっていた、という内容をよく目にします。

「思っていることを言えなかった。」

「言いたいことを言えなくて無理してると思われた」

「溜めて爆発ということを繰り返してしまった」

などなど。

ただ、好きな相手なら言いたい放題になれないというお気持ちは誰しもあると思うのです。

大切だからこそ、言うべきことを選択してしまうのではないでしょうか。

これを言うと相手の気分を害するな、とか。今話しても盛り下がるだけだからやめておこう、とか。

それは気遣いだと思いますし、間違いではないと思うのです。むしろ、とても良くできたことだと思います。

相手のことを考えずに言いたいことを言ってしまう、という悩みを抱えていらっしゃる方もいますので、その逆ということは一見、問題なさそうに見えます。

そして、思っていることを言えなかったという方も、では復縁してお付き合いを再開したときに思ったことを言うのかというと、

おそらくやっぱり取捨選択してしまうと思うのです。

なぜなら、それが人と接していく中で当たり前で普通のことだからです。

むしろ問題なのは「思ったことを言えなかった」という反省点だと思います。

恋人なら、思ったことをなんでも言い合える、というのはちょっとした幻想だからです。

恋人でも夫婦でも、親しきに仲にも礼儀ありだと思います。

この一線は越えてはならない、という発言があるはずです。

 
よく言いすぎて別れに至るケースの方は、この一線が見えなくて気づかず越えてしまっている、ということが多いです。

ですから、恋人だから何でも言える、というころはありません。

まず、その幻想を捨てたほうが良いと思います。

恋人でも気を使います。

気を使うというよりも、思いやる、といったほうが正しいかもしれません。

好きだからこそ、面白くない話ばかりを聞かせたくないという思いやりを持てるのだと思います。

好きだからこそ、相手にもいつも笑顔でいてほしいと思うのではないでしょうか。

ですから、会話の内容については気にして当然です。

 
では一体、問題点は何でしょうか?

 
問題点なのは、もしかしたらあなたに「言いたいこと」が多すぎたということはないでしょうか?

今振り返ってみたら、イライラしていた相手の嫌なところも、別に許してあげればよかったのに、と思うことはないでしょうか。

そんなに不満に思うようなことでもなかった、とか。

連絡が遅いと悲観していたし、それを素直に言えなかったけど、でも今ならそれだけ忙しかったんだろうと理解できるのに、など。

そんなに相手を非難するほどの問題ではなかったのかな?と思うことはないでしょうか。

 
ここが実は本当の問題だと思っています。

「言いたいことが言えない人」は気の小さい人、相手のことを考えられる人、という側面もあるかもしれませんが、それよりも「不満が多い人」である可能性も高いと思うのです。

そして、不満が多いので、相手に対しても「言いたいこと」が増えてしまうだけではなく、相手もこんなふうに思っているのでは?というネガティブな発想に進んでしまいます。

一つボタンをかけちがえただけのような感じです。

出だしで、不満をまずあまり持たないようにしてみます。

すると「言いたいことを言えない」というストレスも軽減されます。

さらに、相手に対しても変な不安を持たずに済みます。

とってもシンプルなのですが、出だしを変えてみるだけできっと見える景色がガラっと変わるのではないでしょうか。

 
ただ、不満を持たないと言われても、なかなか実践するのは難しいですよね。不満というのは勝手に湧き上がってきますので。

ではなぜ不満を感じてしまうのかというと、一つ考えられるのは期待値が大きいということ。

期待に対して相手がそれ以下だと不満が生じると思うのです。

例えば誕生日には、どんなに仕事が遅くなっても少しだけでもいいから会って直接おめでとうって言ってほしい、と思っていたとするでしょう。

ですが相手は、そんな短時間でわざわざ会うよりはゆっくり休んで休みの日にしっかり時間をかけてお祝いをしたいと思っているかもしれません。

ただ、あなたは休みは休みで時間をとるべき。当日は少しでも良いから会うべき、と思っていたとします。

もうここでギャップが出てしまっていますよね。不満がたまります。

はじめから、無理をして短時間で会わなくても、休みにしっかり時間を作ってくれるならそれで嬉しい、と思えていたら。

ここの不満が生まれないと思うのです。

最大限の条件を提示してしまって、それ以下だと不満、というのは少しもったいないですよね。

それなら、必要最小限の条件を考えてみて、相手がそれに応じてくれていたらありがとう、と思えたら。

もっとあなたのフラストレーションは少なくて済むのではないでしょうか。

そう考えると、人間関係もエコが大切なのかもしれません(笑)

頭では分かっていても、心が納得しないとう方もいらっしゃるでしょう。

そうは言っても、期待してしまうという方もいらっしゃるでしょう。

ただこればかりは思考回路も癖付けが大切だと思います。

その「期待値高い状態」で今後もやっていって、しんどいのは結局自分ということになると思うのです。

自分の理想に最大限応えてくれる王子様(お姫様)と恋愛をしたいと思っていると、果てしない旅に出ることになってしまいます。

あなたの理想と相手の理想は違うのですから、多少のことは目を潰れると、お互いに楽しくて長続きする恋ができるのではないでしょうか。

 
ですから、できない、難しい、と考えるのではなく、毎日少しずつ心の癖付けをしてみましょう。

このときは喜ぶ。このときはお礼を言う。などなど。

上手に気持ちと向き合っていけたなら、きっと不満を溜めてしまうことも少なくなりますし、「言いたいことを言えない」というフラストレーションも減って楽しい日々が送れるようになると思います。

ぜひ「言いたいことの少ない自分」を目指してやっていきましょう。

応援しています。

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ