■バツイチの相手と復縁したいという場合

| カテゴリ:心構え | 著者:

advice0509
バツイチの相手と復縁したいというケースも多いです。

マニュアルの中には、このケースにも触れています。

ただ、今回はもう少し状況的なお話をしたいと思います。
 

もし、あなたの復縁したいお相手がバツイチ、もしくは離婚歴のある方の場合、参考になればと思います。
 
 
まず、バツイチの相手と復縁したいという場合。

大まかに3つのケースに分けて考えていくと良いです。

1.離婚を告げたほう

2.離婚を告げられたほう

3.子供の有無
 

子供に関しては、親権のあるなし、面会の許可のあるなし、などなど細かく分類できるので、今回は割愛させていただきますね。

まずは、あなたの復縁したい相手は、「離婚を告げたほう」なのか「告げられたほう」なのか、ということ。

つまり、振られたのか、振ったのか、という話です。
 

1の「離婚を告げたほう」の場合。

注意すべきなのは、相手にとって「婚姻生活を続けるのが困難なほど嫌なことがあった」ということ。

離婚のご経験がある方は想像できるかもしれませんが、離婚するというのはとてもパワーのいることです。

もしかしたら、結婚するよりも大変かもしれません。

ですから、好き好んで離婚をしたいと思う人はいないと思うのです。

大変だと分かっていても、それでもなお許しがたいことがあった。

耐えられないことがあった。

(相手が心変わりで別れているケースは除きます)

ということは、それだけ相手にはNGな事案があるということです。

それが何なのかは人それぞです。

ですから、その嫌なことというのは、相手にとってはトラウマのように心に残っています。

「これだけは無理」という何かがあるということ。

もし、その「無理」という「何か」の要素をあなたも持っていたら。

おそらく、相手は敏感に「無理」とまた判断すると思います。
 

例えば、ご相談であったのですが、相手が元奥様の束縛に疲れて離婚をしていました。

束縛というよりも、何を言っても信じてもらえない生活に疲れてしまった、という感じのようでした。

それを知っていたのに、ご相談者様は、お付き合いの最中に相手を束縛してしまったのです。

相手の男性はきっと元奥様を思い出したのでしょう。

急に態度が変わり、別れたいの一点張り。

別れたくないと訴えても全く聞き入れてもらえなかったそうです。

このように、とても嫌だと思っていた「元パートナー」の片鱗を垣間見てしまうと、相手は急に冷めてしまうのです。

ですから、もしあなたが急に別れを告げられたのなら、原因はここにあるかもしれません。

少し振り返ってみると、別れの原因も見えてくると思います。

こちらが思っているよりも、相手はずっと敏感だと考えたほうが良いでしょう。
 

そして2つ目。

相手が別れを告げられたケース。

これは真逆で、元パートナーへの未練がある場合も多いです。

結婚を決めたほど好きだった相手ですから、きっと、あなたの元恋人にとって悔しいですが、元パートナーは理想だったのでしょう。

ですから、あなたが似たタイプだったということが考えられます。

逆を言えば、違いが感じられれば感じられるほど、相手の気持ちが離れていった可能性があります。

別れを告げられた側というのは、「あのときの幸せを取り戻したい」と考えているケースが多いです。

ですから、同じようにまた構築しようとします。

その相手として、似た人を選びがちなのですね。

ご相談を拝見していても、元奥様(元ご主人)を超えられなかったという理由で別れているケースをよく目にします。
 

とはいえ、元パートナーの影武者みたいなのは嫌、と思われる方もいらっしゃると思うのです。

結局、前の人がいいんじゃない、と思ってしまいますよね。

お気持ちはよく分かるのです。

ですが、相手もそれならあなたと恋をしないと思うのです。

元パートナーを忘れるために付き合ったのではなく、もう一度自分も人を好きになれた、と嬉しくて付き合ったはずです。

その気持ちが冷めていったということは、おそらく何か原因があると思います。

気遣いが足りなかったとか、思ったよりもネガティブだったとか。

相手のせいにしていても始まらないのです。

結局は、最初は好きだと思った気持ちが変わったということなのでそれを真摯に受け止めて、自分には何が足りてなかったかな、と振り返ってみると良いと思います。

そうすると、きっと復縁の糸口も見えてくると思うのです。
 

このように、バツイチといえども、ケースによって対応が変わって来ることも多いです。

また、割愛しましたが、お子様の存在というのも大きいです。

大切なのは、相手の気持ちを推測してみること。

ご自身のものさしや価値観で考えるのではなく、相手のものさしで考えてみましょう。

もし、あなたに結婚のご経験がなく、相手がバツイチという場合はおそらく価値観が少し違うと思うのです。

なので、既婚者の価値観を知るということもすごく参考になると思うのです。
 

不安になるかもしれませんが、それでも一番心に留めておいていただきたいのは、それでも、相手はあなたを好きになった、とうこと。

辛い離婚を経験して、もう恋愛は懲り懲りだ、結婚なんて嫌だ、と思っていたかもしれません。

それでもまた好きになった。

そのくらい、あなたには魅力があるということ。

ぜひ自信を持って、わかろうとしてあげてくださいね。

応援しています!

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ