1800326_1
相手を束縛してしまったり、試すようなことをしてしまったり
わがままを言ってしまったり。

そんな理由で別れてしまったというケースなら、別れの原因が
明確な場合も多いです。

ただ、ご相談を拝見していると、そうではないのに
「なんか違う」と振られた、と困っていらっしゃるケースも
目にします。

 
あなたはどうでしょうか?

もしかしたら、同じように、ワガママも言っていないし、相手に
とても気を使っていたのに、なぜ振られたのかな?と困って
いらっしゃらないでしょうか。

もし、同じように困っていらっしゃるのなら、ぜひ参考にして
みてください。

わがままではなくても、気を使っていても、振られてしまうことも
あります。その原因と対策についてお伝えします。

まず、原因と対策をお伝えする前に、大前提として一つ気にして
いただきたいことがあります。

それは、自分の尺度で話をしていないか、という点です。

例えば、自分の中ではこの程度はわがままに当たらないとか、
自分なりにすごく気を使っていた、という場合。

もしかしたら、相手の求めるところよりも低い水準だった
のかもしれません。

この場合は、自分ではわがままを言っていないと思っていても
相手からすればわがままだった、という印象になってしまっている
ケースがあります。

例えば、忙しい相手とお付き合いをしていたが、無理にデートを
したがったりしなかった。

わがままを言っていない、と思っていたとしても。

もしかしたら、デートしない代わりに電話を頻繁にすることが
当たり前になっていたなど。

この場合、忙しいのに電話の時間を確保しなくてはなりません。

相手からすれば、面倒に思っていたかもしれません。

ですが、ご本人様は「デートをねだっていない」という点で
「自分はわがままには当てはまらない」と思ってしまいます。

こうなるとズレてしまいますよね。

自分では違うと思っていても、相手は思っていたとしたら。

大切なのは、相手から見たときに、どういう印象だったか、という
ことを基準に考えることです。

自分はこうしたから、これは違う、と考えないことが大切だと
思います。

 
このことを踏まえて、それでもなお、自分はやはりわがままを
言ったことはないし、気も使っていた、という場合。

なぜ、相手に合わせていたのに別れを迎えてしまったのか。

おそらく原因がよくわからないという方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。

 
実は、その気を使っていたという点が相手からすると物足りない
と感じさせていた可能性があります。

例えば、デートのとき。

もっと一緒にいたいと思っても、明日も早いし、悪いよなと
思い直して、困らせないように笑顔でサヨナラした。

自分からすれば、我慢したし、相手を気遣えた、と思いますよね。

ですが、相手からすれば「もっと一緒にいたい」と言って
ほしかったのかもしれません。

なんかアッサリしすぎていて、気持ちが盛り上がらないなと
思わせてしまっていたかもしれません。
 

また、相手からすれば、かわいいなと思ったから「かわいい」と
言ったのに「いやいや、そんなことないよ」と謙遜された、
という印象になっていたとか。

「仕事頑張ってるね」と言われたのに「まだまだ自分なんて」と
遠慮してしまったとか。

せっかく褒めてるのだから喜んでほしいと思っていたかも
しれません。

 
そんなふうに聞くと、「えー!でもわがままに取られることもあるし
困らせたくないと思う」と思ってしまうかもしれません。

同じ状況でも、もっと一緒にいたいと言われるよりも、サクっと
帰れたほうがいいという人もいますよね。

こうなると、何が正解なのか・・・と思ってしまいます。

 
ただ、正解を見つけるのはとても簡単です。

相手がどうするか、ということを観察するだけです。

例えば褒めたときに相手が「ありがとう」というタイプなら
そういうのが正解なのだと思います。

別れ際に名残惜しそうに手をつないだり、抱きしめたりする
タイプなら、離れがたいと思っているのかもしれません。

わがままを言ってくれたら、聞いてあげるのに、と思っている
かもしれません。

少し思い返してみましょう。

もし、あなたが気を使っていたのに振られてしまったという
状況なら。

もしかしたら、ここでお伝えしたように気を使いすぎていたとか
聞き分けが良すぎた、ということはないでしょうか。

もしかしたら、相手はもっとわがままを言ってほしい、もっと
困らせてほしいと思っていたということはないでしょうか。

 
このケースの場合は、復縁の道中でも気を使いすぎないことが
大切になってきます。

復縁の方法は、正解が一つではないということ。

あなたの状況に合わせた動きがとても大切です。

ですから、もし遠慮し過ぎで相手が物足りなく感じて離れてしまった
という場合には、距離をおいたり時間を開けたりするほうが良くない
という場合もあります。

ぜひご自身の状況をよく見てみて、自分はどんなケースなのかな
ということを判断してみてください。

頑張っていきましょうね。

応援しています!

 

相手に新しい恋人がいる場合は?

自分から振った場合は?

パターン別の復縁方法を知りたいなら参考にしてみてください。

復縁の「なぜ」「どうすれば?」に答えるマニュアルです。
詳しくはこちらから。

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ