151012_1こんばんは、復縁アドバイザーの福島です。

あなたはこれまでやってみて後悔したことはありましたか?

あのメール内容は良くなかった。

あんなところで誘わなければ良かった。

気さくなつもりが逆に警戒された。

 

 

こちらに届くご相談でも、これまでの経緯を記載頂き
どれが失敗行動だったのかとご質問頂くことがあります。

確かに少し急いでしまったかな、言葉が足りなかったかな
と思うことはあります。

しかし相手を責めたとか、してはいけないことを
したのでないならまだ挽回の余地はあると思います。

というのも、まずはその行動を起こしてみた。

その勇気があったから現状が見えた。

現状が見えたから改めて次の案を練る。

つまり失敗でなく経験で一過程です。

嫌な経験など誰だってしたくないと思いますが
あなたが主導権を持って進めないことには
時間が過ぎるばかり。

その時後悔しても取り返しが付かない状況に
なったらおしまいです。

すると本当の失敗とは、「結果を恐れて何も
しなかったこと」ではないかと思いました。

最近のご相談で、良くない方向で大きな動きがあった
ケースが続きました。

相手に未練が伝わり無視されたり、
ガツンと苦言を呈されてしまったり、
知りたくなかったが知るべきでもあった事実が
分かってしまったり。

お辛いだろうなと私も胸が痛くなりました。

ですが、ご相談者さんは決して無計画でなく
その時その時で最善だろうと思われる方法を
じっくりと試してきました。

失敗ではなく、現状を再確認できたと思っております。

意思は初志貫徹でも、プランはその限りではなく
軌道修正の繰り返しです。

私が厄介と思うのは、相手が全く見えない時。

相手の気配がどこからも感じられず、現状が
認識しにくいケースです。

メールを読んでるのかどうか。

そもそも届いているのか?

相手の生活は?今何を思っているのか。

知らない間に相手が結婚していたケースも残念ながら
あるくらいです。

すると例え警戒されてるとしても相手の状況が
見えるなら動きやすくなります。

そのメール一通で相手の気持ちを覆すというような
マジックはないと思います。

自分に置き換えると分かりやすいですよね。

よく分からない相手から「かわいいね」と言われたら
「何をたくらんでる?」と。

「自分ほどキミを思う人はいない」と急に言われたら
「怖いし重たいよ」となると思います。

それより「いつもありがとう!」「そんなところ
尊敬するよ」「すごく頑張ってるんだね、見習おう」
と折に触れ温かい言葉をもらう方が心を開いていくと
思うのです。

よく企業理念でも営業の世界でも『コツコツが勝つコツ』
と言われています。

きっと復縁にも当てはまると思います。

まだまだ頑張りましょう!

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ