相手ともう一歩近づきたい時の対処法

| カテゴリ:心構え | 著者:

相手ともう一歩近づきたい時の対処法
こんばんは、復縁アドバイザーの福島です。

復縁活動にはそれぞれの段階があります。

別れの原因を明確にする。

次は連絡してみる、もしくは挨拶から始める。

話しやすい雰囲気を作る。

などなど、きっとあなたもあなたのステージの中で
頑張っていらっしゃることでしょう。

その中で相手ともう一歩近づきたい時に
相談事をしてみる方法があります。

もしあなたが依存して振られた場合、また頼ってると
思われないか不安ですよね。

ここでいう相談とは、頼りきりにならず最後は自分で解決すること。

決めるのはあくまでも自分、ひとつの意見として聞かせてもらえたら
嬉しいです、なら相手も依存とは受け取らないと思います。

逆に、相手から頼られたら嬉しいですよね。

何でも良いから少しでも力になりたい。

話して気が済むならいくらでも聞いてあげたい。

相手から積極的に来てくれたら、本音をいえば楽です。

ですがそう思い通りにはいきません。

話聞くよ~持ちかけても、スルーされるか
「大丈夫」と一蹴される場合が多いと思います。

その理由の1つは、聞き方が悪い点です。

誰かから力になると言われたら、普通は嬉しくなると思います。

自分を好意的に思ってくれていると実感するからです。

しかし物事を一から説明するのは、案外面倒な作業です。

また説明するほど仰々しい悩みかというと、大抵はそこまででもなく。

グチ程度に時間を割くのもなぁと億劫になるようです。

もう1つは、相手が自己消化タイプの場合。

話してスッキリすることは確かにあります。

ですが自分の中に落とし込めてスーッと浄化させるタイプもいます。

これは特に、自分の問題は自分で解決すべきと
理屈で考える男性に多いかもしれません。

情けない話をわざわざしたくないのでしょう。

話して解決するか疑問、嫌な気持ちを思い出すだけ。

頼りたくないのでなく、意味を感じないだけだと思います。

なので両方そうですが、相手の言葉にアンテナを張ってみて下さい。

「疲れた」「仕事が嫌だ」等ポロッとこぼしてくれたなら
「何かあった?」と聞いてみましょう。

そもそも「グチなら聞くよ」は、グチ=ネガティブ前提で
切り出しにくいのだと思います。

「何かあった?」ならこちらからの決めつけはなく、
あったことをそのまま話しやすくなります。

それでも断るなら、そっとしておいて欲しいのだと思います。

ちなみに答えが「放っておいて」なら相談自体できる
段階ではなく、警戒心をなくすことに集中です。

いずれにしても次の時に楽しく盛り上がれるような
明るい話題を探しておいて下さいね。

 

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ