相手を取り戻したいのに、詰めが甘くなる理由あなたは、「こうしたい」という理想があるのに、どうにも
うまくいかないな・・・と思うことはありますか?

 

ご相談を拝見していても、「次はこうしましょう」とお伝えし
理解しているにもかかわらず、そのようにいかないケースを
よく目にします。

人対人なので、想像通りにいかないこともあります。

ですが、中には予想以上の出来栄えで彼(彼女)との距離を
縮めていける方もたくさんいらっしゃいます。

 

なぜ、そんなに違いが出るのか。

状況や容姿の差ではないように思います。

 

実は、頑張っているのに、何となく上手くいかないケースの方は
「あとちょっとの詰めが甘い」という傾向にあります。

出だしは頑張っているのです。

例えば、連絡頻度はあまり高くないほうが良いとお伝えすると、
きちんと守ってくださいます。

なので、徐々に関係が良くなっていきます。

ですが、良くなってくると「もう大丈夫かも」と思ってしまい
一気に連絡の頻度を上げてしまったり、相手に好意的にガンガン
迫ってしまいます。

すると、相手が警戒し、また距離が出来てしまいます。

 

もう少し、気をつけていればそのまま進んだかもしれないのに。

これはご本人様が一番つらいことだと思います。

緩んだ自分が許せないでしょうし、自信を失ってしまいます。

 

ですから、大切なことは、「うまく回り始めた時ほど気を引き締める」
ということだと思います。

復縁がうまく進み始めると、波に乗ってどんどん進みます。

進むのですが、ここで余計に加速しようと欲張らないほうが良い
ということ。

波に乗っていれば、ゴールまでたどり着けるので、うまく波に
乗る注意をしたほうが良いです。

私はサーフィンをしないのですが、とても似ていると思います。

良い波が来ている時には、ボードの上に立って波に乗りますよね。

それまでのようにボードの上にうつ伏せで水を掻くようなことは
しないと思うのです。

良い波に乗って、乗り続けるためにバランスをとると思います。

 

この状況にとてもよく似ていて、波に乗っている時に大切なのは
加速ではなく、バランスを崩さないことだと思うのです。

つい連絡がトントン取れるようになると、感謝と要求のバランスが
崩れてしまい、もっと、もっと、と思ってしまいます。

それでは、せっかくの前進も、相手に警戒されて頓挫して
しまうこともあるでしょう。

 

もしかしたら、あなたは「今書いていることがよくわからない」
と思われるかもしれません。

ですが、いざこの波が来た時に痛感すると思います。

「あーこれだったのか」と。

 

今年は一人でも多くの方に、復縁の波に乗っていただきたいと
思っています。

そして、乗れると思っています。

なので、そんな時に、この話を思い出してみてください。

 

また、今ちょうど良い波がきているのなら、ぜひここから
気を引き締めて動いていきましょう。

せっかくのチャンスですから、手に入れたいものです。

頑張っていきましょうね!

 

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ