望む結果が得られないとき、気持ちが切り替わる方法こんばんは、復縁アドバイザーの福島です。

11月も残りわずか、秋を飛び越え冬を思わせるような気温が続きます。

すでに降雪のあった地域の方は早々の冬の到来に
身を震わせていらっしゃることと思います。

体が冷えると心まで冷えたような感覚になります。

心がホカホカ暖かければ寒さなど気にならないのに。

誰かとより添いたい。

それが彼(彼女)であって欲しい。

やっぱり好きだと思えるその気持ちが、復縁活動をする糧になります。

しかし現実はいろいろな悩みがあります。

返事が来ない。

そっけない。

相手には新しい恋人がいる。

気があるようなそぶりを見せるだけで復縁には
至らない。

せっかくのやる気をくじく、落ち込む要素が人それぞれにあると思います。

特に停滞気味の場合はなかなか心が晴れません。

中途半端な状況に、向けどころのない不満が募り続けることでしょう。

もしあなたが今、望む結果が得られず
「また返事がなかった」「また誘いをはぐらかされた」
「またラリーが続かない」等堂々巡りの中にいるならば。

少しだけ気持ちが切り替わる提案したいと思います。

それは「また」を「うん」に代えること。

「また」というのは再度、という意味です。

それが「また宝くじに当たった!」とか
「また上司からほめられた!」等のポジティブな意味なら
上乗せ上乗せでどんどん自信がつきます。

しかし「またダメだった」とネガティブな意味では
心が削られ、自信がなくなるばかりです。

復縁活動はあなたのモチベーションがあってこそ。

ネガティブにストップをかけましょう。

例えば。

「また返事がなかった」を、「うん、返事が来ない」にすると
相手からの返事は、今回はこれ以上こだわっても仕方ないと思えます。

それより敗因は何だったかな?と建設的にとらえることが
できるでしょう。

「また誘いをはぐらかされた」が「うん、誘いをはぐらかされた」
なら、それが事実と納得せざるを得ません。

今はその時期ではないと分かります。

「またラリーが続かなかった」は「うん、ラリーが続かない」。

返事は来ることは来る。

思うほど嫌がられてはいない。

しかしそれ以上になると続かない原因が何かあることが分かります。

質問連投で面倒くさくなっているとか、
話に一貫性がなく答えにくくなっているか。

長文での返事になっていたら、連絡無精タイプは
読もうとする気自体が失せるかもしれません。

仮に相手に新しい恋人がいるならば
返事をくれるだけラッキーだと思いますし、
一般的な視点からも、別れた相手と親しげに
連絡しないのが普通です。

これが客観的な視野だと思います。

こと自分のことになると自分の主観にとらわれ、
1が10くらいに辛く感じてしまうものです。

そうして落ち込みメソメソすることこそ、
ムダな時間の過ごし方はありません。

もしネガティブループにハマってしまったら、
「うん、これが現実。ならばどうしようかな」
と気持ちを切り替えてみて下さいね。

 

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ