復縁が長期化してしまう方の傾向と対策

| カテゴリ:心構え | 著者:

復縁が長期化してしまう方の傾向と対策あなたは復縁活動を始めてどのくらい経っていますか?

ご相談を拝見していると、別れてすぐ、という方もいらっしゃれば、
別れて数年経過しているという方もいらっしゃいます。

さらに、復縁を目指して動き始めたものの、1,2年ほど
経過してしまった、という方もいらっしゃいます。

かたや、復縁のために動き始めて半年で復縁される方や
短い方だと2週間ほどで復縁をされる方もいらっしゃいます。

この違いは何だと思われますか?

まず、大前提として、色々な状況がありますよね。

状況によっては、長期化がやむを得ないケースも多いです。

例えば、彼が独立を考えていて、仕事に没頭したいと
思っているというケース。

自ら恋愛はしない、と決めて仕事に集中している、という
男性もいらっしゃいます。

そんな場合は、どんなにこちらがアプローチしても余計にこじれる
こともあるでしょう。

静かに彼のサポートをし、仕事が落ち着く応援をしたほうが
良い場合もあります。

また、恋愛をしているよりも女友達といるほうが楽しいという
女性も意外といらっしゃいます。

そのような女性と復縁したいと思っても、そもそも恋愛を
楽しいと思えていないので、時間がかかることもあるでしょう。

このように、状況によってはやむを得ないケースも有ります。

ですが、一番気になるのは、

「精神的に独立できていないケース」

です。

このケースでは、復縁が心の拠り所になっています。

実は、復縁をしていく上で何度も冷却期間のお話をしていると
思うのですが、これは相手が冷静になるという意味と、

もう一つ、ご自身が冷静になるという意味もあります。

つまり、復縁を支えに生活を送っているので、相手からすれば
いつまで経っても重い印象のままになっています。

本人は気づいていないのですが、さりげない言葉のチョイスや
メールの内容で感じるものがある場合が多いです。

例えば、メールの返事が来なくてもう一度送り直すとき。

友達にもし送るなら、どんなメールになるでしょうか。

おそらく「忙しいと思うので、また暇な時でいいよ~」
という感じになるかもしれませんね。

人によっては「ちょっと、返事送ってよ~」とされる方も
いらっしゃるかもしれません。

ですが、自分の中で復縁があまりにも大きくなっていると
メールの返事が来ないことは、もう、一大事です。

なので、ものすごく悩んで気合の入ったメールを送ります。

例えば女性なら、

「この前のメール、気にしなくていいよ。忙しいよね。分かる。
そういう時もあると思う。私のことは後回しで良いから
体に気を付けて頑張ってね。」

という感じのメールになります。

ご本人様は、ちゃんと忙しいことも分かっているというアピールを
できているし、後回しで良いって伝えられてるし、という
「やりきった感」があると思います。

ただ、冷静にあなたからご覧頂いていかがでしょうか。

受け取った側の気持ちで少し考えてみてください。

ここまで言われてしまうと、少し心が痛みませんか?

何だか自分がとても悪いことをしたような気になります。

すごく冷たい人のような気分がしてしまいます。

そして次に、何だかイラッとします。

後回しとかそういうことじゃなくて、別れたんだからメールの
返事をしなきゃならない義務はない。

分かる、とか言われて本当にわかってるなら面倒なメールを
送ってこないでしょう、普通。

などなど、反論がモヤモヤと頭をよぎってしまうでしょう。

こちらとしては頑張ったメールが、相手からすれば
重いメールになってしまうのです。

ですが、それに気付かないと「頑張ったのに、なぜ?」と
なってしまうのです。

男性の場合は、彼女に新しい彼氏ができたのではないか
ということにとても敏感です。

ですから

「彼氏とうまくやれよ」

という感じで、勝手に結論づけたメールを送ってしまったりします。

ですが、それを受け取った彼女側としては
「???彼氏いないんだけど?」と不審に思うでしょう。

こちらとしては、言い出せない彼女に水を向けてやった、という
気を使ったつもりになっています。

彼女としては、勝手に決めつけないで、となってしまいます。

ですが、それに気付かないと、「やっぱ新しい男がいるんだ」
ということになってしまいます。

そうではないのです。

単純に、もっと肩の力を抜いたほうが良いということだと
思うのです。

世の中が彼(彼女)を中心になってしまっていないでしょうか。

何を見ても、元恋人のことを考え、何をしても、元恋人が
思い出されて仕方ない・・・。

そんな状態になっていませんか?

それは、好きすぎるからではなく、「精神的に自立できていない」
という状態だと思います。

彼(彼女)との復縁が遠くなりすぎて、何だかもう心の支え
のようになってしまっているのです。

確かに、大好きな人とやり直す、ということは
とても支えになりますし、頑張ろうという原動力になって
行くことだと思います。

ですが、それを実現するということが現実的ではなくなっていて
精神的な支えにだけなってしまっているのです。

何だか曖昧なので、少し想像してみていただきたいのですが、

目の前に丘があるとします。

本当なら、一歩ずつ前に進んでいけば、着実に越えられるほどの
さほど高くない丘です。

「これならやれる」と思い、具体的に道順を決めて動いていったなら
その丘を越えていけるでしょう。

途中で蜂に襲われそうになったり、大雨がふってきたりと
何だかイレギュラーなことは起こるかもしれません。

それでも一歩ずつ前に進んでいけたなら越えられます。

ところが、その丘を「越えたいな~」と眺めつつも、
「でも体力ないしな・・・」とか「越えられないかもな・・」と
考えて自分の立ち位置を少しずつ低くしてしまったら。

あなたが自信のないことを考えるたびにスタート地点が
低くなってしまうとしたら、どうでしょうか。

最初はそんなに高くなかった丘が、気づけばものすごく
高い山になってしまっています。

そして「うわ~、こんなに高かったかな・・・」とますます
自信を失ってしまいます。

最初はそんなに高くなかった丘が、一歩ずつ前に進むという
ことを怖がって考えているうちに、高い高い山になってしまう。

ですが、「いつか越えたい」と思いながら眺めている。

どんどん山は高くなる。

こんな状態を繰り返してしまっているように思います。

本当なら、もっとシンプルに考えて一歩踏み出していたら・・・
という状態になってしまうのです。

これを改善しようと思ったなら、もう一度スタート地点に
戻ってみることです。

最初の高さに戻りましょう。

そんなに低い位置から越えようとするので難しい山になって
しまっているのです。

最初、どんな気持ちで復縁しようと思いましたか?

あなたの復縁したい彼(彼女)は、そんなに遠い世界の
人だったでしょうか。

もっと身近で、もっと手の届く印象ではなかったですか?

決して何も考えずに気楽に動けということではないのですが、
少し難しく考えすぎていないでしょうか。

相手は、あなたの「元恋人」です。

そんなに高い山でも、遠い存在でもなかったはずです。
元の高さに戻り、そして、もっと精神的に自立してみましょう。

彼(彼女)からメールが来なかったら、それは寂しいし
悲しいかもしれませんが、あなたの生活が何か変わるわけでは
ないと思うのです。

メールが来ないから職を失うわけでもないですし、
ご飯が食べられなくなるわけでもありません。

もっと冷静に考えてみましょう。

メールが来なかった、という事実だけを受け止めて
落ち着いて毎日を過ごしてみてください。

最初は「そんなの無理」と思うかもしれません。

ですが、習慣になっていきます。

行動パターンが習慣化されうように、気持ちも習慣化されます。

彼(彼女)のことばかり考えているのは、それが習慣に
なってしまっているからです。

少し離れてみると、少し冷静になっていきます。

すると、あなたの送るメールの内容が少し変わってくるはずです。

先に書いた例のように、気付かず重いメールになっていたものが
自然と友人に送るようなライトなメールになっていくでしょう。

その時に、初めて相手は警戒心を緩めてくれると思います。

どんなに小手先のメール文例を送ってみたところで、あなたの
心の底は自然と相手に伝わってしまうものです。

最初はスムーズに進めても、相手と接触する頻度が上がれば
上がっていくほど、あなたの本音が見えてしまいます。

であれば、正直に、あなたという人間でぶつかった時に
「重い」という印象を持たれない状態にもっていけたら、
それが一番だと思うのです。

復縁が長期化してしまっている方は、少し振り返ってみて
頂ければと思います。

彼(彼女)のことばかり考えて1日が終わっていないでしょうか。

その割には、彼(彼女)の実像と、自分の中の彼(彼女)が
どんどんかけ離れていないでしょうか。

原点に戻って、考えてみましょう。

丘は、そんなに高くないはずです。

あなたにも、越えられると思います。

頑張っていきましょう。

 

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ