一旦違う形で続けつつ、再度復活させることはできるこんばんは、復縁アドバイザーの福島です。

先日地域の緊急会合に参加してきました。

どうやら私含めほとんどの方が知らないところで
トラブルがあり、それがその日の議題でした。

当事者の方は初めは穏やかに経緯をお話なさっていましたが、
徐々にヒートアップ。

理由は問題とされていた方がのらりくらりと交わし
非を認めようとしなかったことでした。

非を認めてしまえばその方の立場がなくなるのもよく分かります。

今まで必死で抵抗してきた意地もあったでしょう。

ですがよく聞いていると、当事者は問題とされていた個人を
責めていたのではなくひとこと謝罪が欲しかっただけのようでした。

どちらに問題の本質があったのか、正直なところ周囲には分かりません。

当然どちらにも多かれ少なかれ非はあっただろうと思います。

ですが意地を張らず「言い分は分かりました」と受け入れることの大事さを肌で感じた次第です。

これは恋人との別れ際もそうだと思います。

たいていの場合はどちらかが切り出し、もう一方が受け入れて初めて別れが成立します。

それができずすがってヒートアップし、よけいに嫌われる。

別れた当時、この図式が当てはまる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

だからこそ改めて言わせて下さい。

平行線はあくまでも平行線のままです。

もし今あなたが別れを渋り結果を保留にしている場合は
勇気を持って、未来につなげるために受け入れましょう。

しばらくは心にポッカリ穴が空いたようになると思います。

思い出しては涙が止まらないかもしれません。

悲しさのあまり憎しみのような感情さえ生まれる可能性もあります。

それでも別れを切り出すほうもよくよく考えて結論を伝えています。

誰だって相手を傷つけたいとなど思っていないからです。

そうして心を決めて切り出したのに、嫌だ、それは違う、と否定し続けたため、
例えば先の会合では無関係の人を巻き込んでしまうまでの大ごとになってしまいました。

いつも申し上げるように、ご縁はそう簡単に切れてしまうものではないと思います。

一旦違う形で続けつつ、再度復活させることは
できると思っております。

それが復縁活動であり、人間関係です。

数年ただの知り合いだったところから恋が生まれたカップルもいらっしゃるでしょう。

これはアプローチや関わり方次第で関係を変えられた証拠と言えます。

逆に知り合って間もなく交際し、交際期間が短いまま別れに至ったケースもあるでしょう。

ですがまた改めて互いを知り合うところから始め関係性を変えられる可能性はあると思います。

どうにもならない時は固執せず、一旦問題をリセットするのが一番です。

今だけが全てではありません。

あなたと彼(彼女)の時間はこれからも続きます。

それを生かすもなしにするもあなたの行動次第です。

未来に向け、ぜひ新しい関係を作るところから始めてみて下さい。

 

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ