LINEとメールの違い、LINEを上手に使う3つのポイント
最近のご相談で、LINEを使って連絡を取っている、という
内容がけっこう多いです。

とはいえ、まだメールのほうが主流なのですが。

 

ただ、もしあなたがLINEを使っていたなら、おそらく何らかの
理由でLINEとメールを使い分けていらっしゃると思うのです。

あえてメールを使ったほうがいいとき、LINEを使うとき。

理由があるということは、それぞれメリット・デメリットが
あると思います。

 

それは相手も同じ。

せっかく色々なツールが有るのですから、それぞれの強みを
活かしたコンタクトを取ってみたほうが良いと思います。

 

そこで、今回はLINEに特化してみたいと思うのですが。

まず、LINEのメリットといえば、「手軽」というのが
一番だと思います。

メールは、スマホならメーラーを開いて、届いたアドレスを
クリックして、届いたメールをクリックして・・・と
ツークリック必要になってきます。

ですが、LINEなら、ワンクリックで見られます。

 

また、届いた方ごとにタイムラインで見られるので
前までのやり取りもすぐ分かってやりとりしやすいです。

 

スタンプも送れるので、文字だけよりも表現の幅も広いです。

 

ただ、こうしたメリットが逆にデメリットになってしまうことも
ありますよね。

 

手軽ということは、それだけシンプルにまとめないとならない。

既読スルーが気になって仕方ない。

スタンプの意味がよく分からない。

などなど、

ご相談を拝見していても、LINEだから出てくる悩みもありました。

 

そこで、LINEを送るときのポイントを3つに絞ってお伝えします。

せっかくなので上手に活用できるといいなと思います。

 

◆1回の送信に盛り過ぎない

どうしても、あれこれ伝えようとしてしまうのですが、LINEという
ツールの性質上、あれこれ盛り込むと読みにくいです。

つい分かりやすく伝えよう、相手への気遣いも入れよう、と
考えてしまうと長い長い文章になりがちです。

ですから、なるべく1回の送信が短い文章になるように
注意してみてください。

そして、短い文章で何度かに分けて送ると良いと思います。

あなたも友人にメッセージを送るときに、「やっほー」と
送ってみて、反応がなければ、とりあえず用件をサクサク送信
しておくと思うのです。

相手が反応するまでジーっと待つ、ということはないでしょう。

彼に対しても同じだと思います。

なるべくキャッチボールでやりとりできればいいですが、
LINEの場合はそこまでこだわらなくてもいいです。

 

◆反応しやすい内容にする

前の話と繋がるのですが、相手が疑問を持ってもいいです。

分かりやすくなくてもいいです。

「え?それどういうこと?」くらいの反応が返ってくる程度の
ほうがやり取りは進むと思います。

例えば、先週の日曜日に友人と、彼の自宅近くの観光スポットに
行ったという話を伝えたいとしましょう。

これを1回で済ませようとすると

「こんにちは。この前の日曜日に、○○くんの家の近くの
△△に行ったよ~。友達が行ってみたいって言うから。
相変わらず混んでるね~。でも名物の□□は見れたから
大満足でした~。」

という感じでしょうか。

すると、相手は「ふーん」で終わります。

なぜなら、話が完結しているからです。

それよりは「こんにちは。この前ついに□□見たよ!」
と送ってみましょう。

すると相手も「あ、そうなんだ。○○行ったの?」と返しやすいです。

その時に「そうそう。混んでたね~」と返すと、相手は
「あー、休みの日だったの?」と返ってきます。

こんなふうに、会話が成立していきますよね。

 

◆スタンプの傾向を参考にする

せっかくスタンプの機能があるので、相手がどんなものを
よく使うのか観察してみましょう。

そして、相手が興味をもつようなものをあなたも使ってみると
良いと思います。

そうすれば「それ、いいね」など思ってもらえて話題の一つに
できると思います。

自分のセンスのアピールをするのもいいですが、相手が興味を
持ってくれるものにしてみたほうが、話は弾みます。
それから補足ですが、既読については気にしない方がいいです。

これだけLINEの既読スルーが話題になっているのですから、
結構たくさんの方が読んでもすぐに返さないのだと思います。

そして、相手が読んで返すまでの時間が長いのに、こちらは
待ち構えていたように、すかさず返す、というのは止めましょう。

相手と同じくらいの間隔でやり取りをしたほうが、相手にも
プレッシャーを与えずに済むと思います。
メールはメールの良さがあると思います。

上手に使い分けていくと、復縁にも便利だと思いますので
長所をうまく活かして、短所をうまくカバーして使ってみましょう。

 

▼どんな内容を送ると復縁には有効なのでしょうか?

▼LINEをブロックされてしまったらどうすれば?

という方は、こちらを参考にしてみてください。
復縁のスタートからゴールまでを具体的に解説しています。

復縁男性版サイト
復縁女性版サイト

 

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ