ご相談を拝見していると「会おうよ」というお誘いにはOKしてくれるのに、なぜか一向に都合が合わないというケースを時々目にします。

あなたにもご経験はありますか?

例えば、彼(彼女)の好きなコンサートのチケットが手に入ったから「よかったら一緒にどう?」とお誘いしてみたら。

「本当に?嬉しい!予定が合えば行きたい」
という返信が来たとします。

当然こちらとしては、予定を合わせて来るのだろうと思っているのですが、その後の連絡が全くありません。

いよいよ日程が差し迫ってきた頃、「ごめん。予定の調整ができなかった」と急に断られたり。

もしくは、全く連絡のない状態になってしまったり。

チケットをどうしようか。せっかく手に入った貴重なチケットだし。

そんなご相談を何度も頂いたことがあります。

この場合は、もう他の人と行くことにした、という連絡をしてこちらから一区切りつけておきましょうという話をします。

でなければ、当日や直前になって「行く」と言い出される可能性を残しておくのはリスキーだからです。

もう非常識な対応の段階で「適当に考えている」と捉えたほうが良いでしょう。

そんな状況下でじっと相手の都合を待っているのは、相手からすれば未練があると思ってしまいます。

それよりは、こちらから
「ごめん。誘っておいて申し訳ないのだけど、友達が一緒に行きたいと言い出したからチケット譲ることにした。誘っておいてごめんね」
と断っておきます。

おそらくこの段階で、相手からは
「連絡遅くなってごめん。そっか見つかったんだね。行けそうになかったから良かった」
などの返信があることが多いです。

話が少しそれましたが、この対応をされた側としては
「行く気がないなら初めから行きたいとか言わないでほしい」
と思ってしまいますよね。

お気持ちは大変良く分かります。

確かにショックではあるけれど、宙ぶらりんで期待させられるよりは、最初に断ってくれたほうがいい、と思われる方が多いでしょう。

ではなぜ、相手はそんな非常識なことをするのでしょうか。

今回は誘ったときにOKするのに、なぜか会えないという原因の3パターンをお伝えしたいと思います。

1つ目は、単純にその場の気分で返信をしてしまっているというケースです。

お付き合いをしていた頃から、気分屋だったり、計画通りに物事が進まなかったタイプの相手は、この可能性が高そうです。

気分屋なので、その場では「いいねー。行きたいねー」と答えますが、本心では言うほど行きたいとは思っていなかったり。

行きたいと思っていたけど、その話題から離れると、行きたいという気持ちも冷えていき、面倒になっていくのかもしれません。

このような相手には、先々の予定を組もうとしないほうが良いです。

気分でOKをしてくれるのですから、例えば彼(彼女)が会社の飲み会というときなどに、「良かったら終わって合流しない?」というお誘いをしてみるなど。

フットワークの軽い状態のときになるべく即会うという感じの誘い方をしてみたほうが良いでしょう。

相手は考えると気分が変わってしまうので、考える時間もなく、間髪入れず会うようなお誘いなら会えることが多いです。

ただ、この場合はあなたの負担が大きいと思います。
 

2つ目は、タイミングと言うよりは、社交辞令でOKしているだけというケースです。

この場合は1つ目とは違います。

1つ目の場合は、その場では本当に行きたいと思う気持ちが少しありますが、この2つ目の場合は、会いたくないという気持ちが根底にあります。

会いたくないけれど、そう言うとあなたを傷つけると思い、配慮をして「会おうね」と答えている可能性があります。

連絡のやり取りくらいなら対応するけど、やはり「会う」というのはハードルが高いと思っているのですね。

この場合は、問題点が2つあります。

まず、あなたを傷つけてしまうと相手が気を使っていること。

おそらく別れ際にかなり取り乱したのでは、と思います。

何をするか分からないので刺激したくないという気持ちがあるので、フワっとした答えになります。

気を使わせないように、お誘いにNOと言われたあとの対応に気をつけましょう。

それから、「会う」という抵抗感があること。

復縁を迫られる?未練がある?という警戒心があるのかもしれません。

もしくは新しい恋人がいるのでバレたくないという気持ちもあるかもしれません。

いずれにせよ、会うことに前向きではないので、彼(彼女)の社交辞令に安心してどんどん誘わないように気をつけましょう。

このタイプはお付き合いをしていた頃から、人付き合いがよかったり、事なかれ主義に多いと思います。

基本的には、誘うタイミングを間違えている状態なので、もう少し距離を縮めていくことに集中したほうがよさそうです。
 

そして3つ目の原因が、お金がないということ。

これは女性の方に多いかもしれません。彼を誘ってみたら、そこそこ前向きな返答をもらえたのに、具体的な日程が全然決まっていかない。

そんなときは、彼がもしかしたら金欠状態かもしれません。

もし、お付き合いをしていた頃、彼のほうがよくおごってくれていた、割り勘も彼のほうが多めだった、といった方は、この可能性があります。

その名残で
「会って食事=おごる」
というイメージになってしまっています。

すると、会うということは奢らないといけないのだけど、お金がもったいないなと思ってしまいます。

特に男性は、自己投資をして実りあることにお金を使いたいと思っている方も多いです。
女性も、自分を磨けることにお金を使いたいと思う方が多いと思うのです。

そんなときに、別れた恋人に食事をおごるということは、どうしても無駄遣いに思えてしまうのでしょう。

「でも、私がおごると言っても乗ってくれません」というご相談もあります。

ただ、その場合、よくよく聞くと、これまでも自分がおごると言っても彼が出してくれた、というケース。

または彼のプライドが高く、全額おごられるというのは落ち着かないというケース。

こうしたケースの場合は、奢ると言っても彼が気持ちよくないので、乗ってきてくれません。

女性の場合は、奢るということよりも、今は自分に余裕がなく見た目が劣化気味だったりすると、会いたくないと思うようです。

太ってしまったとか、金欠で新しい服を買っていないから外に出たくないとか。

いずれにせよ、意外なことに金銭的な理由というケースもあります。

この場合は、お金を使わないようなお誘いが良いと思います。

例えば、映画のチケットが当たったから、彼の好きな映画を見て解散、というお誘いの仕方だったり。

あまりお金を使わないようなことにお誘いをしてみるとか。

誘い方次第でOKしてもらえるようなら、金銭面も考慮してあげると良いと思います。
 

このように、誘った瞬間はとっさにOKがもらえるのに、その先の話が進まないという場合、色々な原因が考えられます。

あなたの場合も、分析してみると問題点が明確になり、解決できると思います。

「本当は行きたくないんでしょ」と落ち込むことは簡単ですが、それでは前に進みません。

せっかくですので原因を解消し、次のお誘いにOKしてもらえるように頑張っていきましょう。

応援しています。
 

どんな誘い方をすれば自然ですか?
また、NOを言われにくい誘い方はありますか?

などなど、復縁の疑問をお持ちの方。
復縁の初めから終わりまで、詳しくお答えしています。
専用ページはこちらから。

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ