男女で恋愛の価値観は違うもの

| カテゴリ:気持ち | 著者:

160328_1こんばんは、復縁アドバイザーの福島です。

今月は卒業シーズンでしたね。

改めましてご卒業された皆さまにお祝いを申し上げます。

よく「終わりは始まり」と言われています。

終わってほっとしたかと思えばまた次のタスクが待ち構えています。

 

 

未知なる世界に不安を覚えたり、新たな展開を
ワクワクと待ち構えていたり、それぞれだと思います。

それでも目の前にあるのは未来だけ。
どうぞ前向きに、そして果敢に歩んで行って頂ければと思います。

さて、最近恋愛はしたいが結婚したくないという男性が
増えているそうです。

自分のお金を自由に使える、何でも自分でできる、
人に合わせるのが煩わしい、結婚は面倒なだけ。

それでも恋愛はしたい。

だから「キミとの結婚は考えられない」と振っておきながら
さっさと新しい彼女を作ります。

女性からすれば困惑するばかりですよね。

確かに結婚を急かして振られたケースは多いですが、
結婚を急かした覚えはない、という女性も少なくありません。

仕事を辞めるつもりはなく、必ずしも家庭に収まろうとは
考えていなかったのに、勝手にプレッシャーに感じられたら
どうすりゃよかったの?と戸惑うことでしょう。

そこで思うのは、結婚自体が嫌な男性もいるでしょうけれど、
もっと深いところにも理由があるのでは、と。

そもそも男性は、恋愛とは楽しくあるべきものという頭で
いるそうです。

実際、最初は彼の方から積極的に来てくれませんでしたか?

男性のあなたは臆することなく彼女にまっしぐらだったでは
なかったでしょうか。

彼はドキドキして、何としてもあなたを手に入れたくて
どんなに仕事が忙しくても連絡をくれました。

男性のあなたも彼女に対してそうだったと思います。

男性は、欲しいものを手に入れるその過程が楽しいのです。

ですが手に入ると徐々にトーンダウンする。

女性は恋愛の初めは慎重であることが多いです。

もてあそばれたら嫌、体目的ならさらに嫌、
何しろ傷つけられたくありません。

ですからじっくりと相手の出方を見て、大事にしてくれそうだと
安心した時、恋に落ち彼との将来を夢見ます。

ここが男女の違いです。

女性はドキドキの向こうにある将来的な安定を重要視します。

だから楽しい時期が過ぎると結婚観のずれがあらわになります。

また女性には母性本能があります。

子を望まないタイプは別として、女性なら
やはり子を授かってみたいと考えるのが一般的です。

ところが男性は子育てが楽しいものとはなかなか想像できません。

母性本能自体がないのですから仕方のないことです。

とはいえ実際に生まれてみると、子煩悩なパパさんを
本当にたくさん見かけます。

少し話がずれましたが、男性は恋愛に楽しさを求める。

女性は安定を求めます。

つまり復縁を考えるなら、重たい女性では難しいでしょうし、
将来を想像できないような男性では厳しいということ。

それが現実なのかなと思いました。

⇒復縁マニュアル(女性版)はこちら

⇒復縁マニュアル(男性版)はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

復縁メルマガ

現在、約21,000人が購読中!人気アドバイザーによる無料復縁メルマガです。

メールアドレス:

誕生日:(例1988/04/01)

男性 女性

復縁リアルタイムアドバイス 女性版
復縁リアルタイムアドバイス 男性版

人気記事ランキング

復縁したいと願う、仲間たちはどんな人?

ページトップへ